• 求人票
  • 在校生向け
  • 資料請求
  • お問い合わせ
sub_visual1

歯科衛生士学科

歯科衛生士とは

歯科衛生士は、高校卒業後、厚生労働大臣または文部科学大臣が指定した歯科衛生士教育機関で定められた教育課程を修了し、歯科衛生士の国家試験に合格して厚生労働大臣の歯科衛生士免許を受ける国家資格者です。

歯科衛生士の大切な仕事は、歯科医師と協力して患者さんの「口腔の健康管理」をすることです。「口腔の健康管理」の主役は、あくまでも患者さんであり、それをサポートするのが、歯科医師と歯科衛生士です。歯科衛生士は、歯科医師の片腕として、多くの患者さんのお口の健康管理をする大切な仕事です。

歯科衛生士の主な仕事は、虫歯や歯周病を防ぐ「予防処置」、歯科医師の診療の手伝いを行う「診療補助」、口腔の健康を保つための指導をする「保健指導」です。

歯科衛生士の主な仕事

歯科予防処置

虫歯の予防

  • 歯に虫歯予防のための薬(フッ化物など)を塗ります。
  • 歯のかみ合わせ面に虫歯予防のための詰め物をします。(シーラント)

歯周病の予防

  • 歯周病の原因となる歯垢と歯石を機械で取り除きます。
  • 歯の着色(ニコチンタール、茶渋など)を取って白い歯を取り戻します

歯科診療の補助

  • 歯科医師の指示で歯科医療の補助をします。
  • 患者さんの話しを聞いて健康状態などを把握します。
  • 診療に先立ち、口の中をきれいにします。
  • 診療前に仮の歯をはずしたり、治療後に仮の歯を付けたりします。
  • 歯ブラシ指導用の模型を作るために歯の型を取ります。
  • レントゲン写真を撮るために患者さんの口の中にフィルムをセットします。

歯科保健指導

  • 診療室や学校・職場で、専門家の立場から歯ブラシの使い方や磨き方を指導します。
  • 口の中から全身までの健康増進を考えた健康教育と食事指導を行い、正しい保健情報を伝えます。
  • 訪問診療に同行して、要介護の患者さんの口腔清掃指導を行います。

国家試験突破を目指して

本校は、青森県県南初の歯科衛生士専門学校で、充実したカリキュラムにより、より実践的な科目を導入しています。今後ますます需要が高くなる、高齢者・障害者の口腔ケアなどを視野にいれ、医療人としての心と技術の習得を積極的に図ります。また、国家試験対策にも力を注ぎ、就職に結びつく実力を備えたプロを育成します。