• 求人票
  • 在校生向け
  • 資料請求
  • お問い合わせ

卒業生の声

西館 円さん(平成24年度卒)

学校生活での思い出は?

一番の思い出は3年生の時の国家試験前に行った勉強合宿です。勉強は大変だったけど、友達と一緒だったので頑張れたと思います。

歯科衛生士になって良かったと思うことはなんですか?

患者さんの口腔環境が改善されるのを見ると嬉しくなります。仕事をしていて良かったと思います。少しずつ仕事にも慣れてきて、おじいさん、おばあさんとのコミュニケーションをとるのも楽しいです。

歯科衛生士を目指す人へ

学生時代はとにかく勉強だと思います。遊ぶ時はいっぱい遊んで、勉強する時は真剣にするけじめが大事です。国試に受からなければ歯科衛生士にはなれませんので、勉強頑張って下さい!

遠藤 那美さん(平成25年度卒)

この学校を選んだきっかけは?

自分が矯正をしていた時、そこで働いている衛生士さんが優しくて、自分もその衛生士さんのようになりたいと思い、入学しました。きっかけは両親と当時の担任の先生でした。

歯科衛生士になって良かったと思う時はどんな時ですか?

今は、勉強と任せられた仕事をこなすことで精一杯ですが、患者さんに「ありがとう。またお願いします」と言われるような歯科衛生士になりたいと思って頑張っています

歯科衛生士を目指す人へ

国家試験合格のため、毎日少しずつ勉強しましょう。疑問があれば先生や講師の先生に積極的に聞いて、分からないままにしておかない事が大切だと思います。

佐々木 颯士さん(平成27年度卒)

学校生活の思い出は?

思い出話はキリがありませんが、強いて1つ挙げるとするならば、毎年行った3回の学園祭
ですね。男子は自分一人ですから、頑張らざるを得ないといいますか…とにかく全力で参加
しました。

歯科衛生士になって良かったと思う時はどんな時ですか?

自分が得た知識を、家族や友人に伝える事が出来る点です。歯科医院に通院していない人、
口腔内に関心がない人に経験した事を話すことにより、歯磨きや通院に意欲が湧いた瞬間は、
内心、嬉しくなりますね。

歯科衛生士を目指す人へ

歯科衛生士としての知識や技術を身に付けることは確かに大切ですが、何よりもコミュニケーションです。コミュニケーションが成り立たないと、身に付けた知識や技術も十分に発揮することは出来ないでしょう。しかし、コミュニケーションをしっかり行うことで、たとえ衛生士として未熟であっても、自分と患者との間に「治療の場」を形成することが出来ます。この難しさと面白さを是非、知って欲しいです。

西澤 桐子さん(平成27年度卒)

学校生活の思い出は?

学園祭です。日々の勉強や実習で忙しい中、1年生から3年生まで団結して作り上げた学園祭は楽しかったです。たまに、有名人も来ることもあるのでそこも楽しみではありますね。

歯科衛生士になって良かったと思う時はどんな時ですか?

患者さんに顔と名前を覚えてもらった時です。常にネームプレートをつけている為ではありますが、「この前の衛生士さんだ!今日もよろしくお願いします。」と声をかけてもらえた時は、とても励みになります。医療職の中でも、歯科衛生士は患者さんとの距離が近い職業だと思うので、患者さんのちょっとした変化に気付くことが出来た時も嬉しいです。

歯科衛生士を目指す人へ

国家試験勉強や毎日の実習など、学年が上がるにつれて、大変なことが沢山出てくると思います。挫けそうな時は1人で抱え込まず、周りの人に相談してみて下さい。先生方も皆優しいので、きっといいアドバイスをくれると思います。入学してから国家試験まであっという間です。学校生活を楽しみながら、効率よく勉強を頑張って下さいね。

松谷 姫鶴さん(平成27年度卒)

学校生活の思い出は?

入学してすぐ、訳も分からないまま専門用語や全身の筋肉や神経の名称を必死で覚えたことです。つらかったですが、今となるといい思い出です。

歯科衛生士になって良かったと思う時はどんな時ですか?

資格を取得して、まだ数ヶ月なので衛生士になれただけで良かったと思っています。
.
.

歯科衛生士を目指す人へ

毎日、さまざまな患者さんと接していると、落ち込んだり悩むことも多いですが、その経験が自分の成長にもつながる、とてもやりがいのある職業です。勉強量は多くて大変だと思いますが、免許をいただいた時の充実感がとても大きいので、めげずに頑張ってください。

有澤 愛瑛さん(平成27年度卒)

学校生活の思い出は?

新入生歓迎行事や学園祭はもちろんのこと、やはり友達と必死に国家試験の勉強をした合宿や、先生方との会話など、なにげない日々が私にとっての一番の思い出です。

歯科衛生士になって良かったと思う時はどんな時ですか?

一つ一つの仕事をこなしていくのに今は精一杯ですが、患者さんからの「ありがとう」の一言が、誰かのためになっているんだと嬉しく思います。

歯科衛生士を目指す人へ

入学した当初は、専門用語ばかりで不安になることも多いと思います。最終的には国家試験に合格しなければ歯科衛生士として働くことはできません。分からないところはそのままにせず、調べたり聞いたりして、3年間という短い間で自分の知識を身につけていけるように頑張ってください!!